ビットコイン(BTC)

なぜ仮想通貨の価値が上がるのか要因まとめ。ビットコインは人気なのか。

こんにちはYUKOです。
Twitterから質問があった、どのような要因で価値が上がるのか。
そして、ビットコインだけ評価が高く、金額が高いのか私なりの意見を紹介したいと思います。

なぜビットコインは高騰化しているのか

最初になぜビットコインが高騰化しているのか紹介しますね。

ビットコインは2008年に「サトシ・ナカモト」と自称日本人が発表した
論文から始まました。
実はこの人じゃないかと言われている人もいるのですが。。。その話はまた今度。

ビットコインとはデジタル通貨として今まで換金など窓口に行く必要があるめんどくささや手数料。等の問題点を解決できる通貨として発表がされたのです。

たしかに、外国のお金の換金は硬貨だとできなかったり、
手数料が高かったり意外と不便ですよね。

2009年ついにこのビットコインが運用され始め、
2021年3月では1枚あたり600万円を超える価値をつけるようになりました。

ちなみに20010年1万ビットコイン=ピザ2枚で宅配をお願いするというような
書き込みが掲示板にあったらしく、今だと莫大な財産になりますね…

ビットコインは投資の対象として一番注目されている

これに尽きるのですが、大手銀行や海外会社等は
数万枚、数十万枚のビットコインを資産として所有しています。

取引数も多く、総資産も他を圧倒してNo.1ですから、
これからもビットコインが主流となるのは間違いないでしょう。

仮想通貨バブルはいつまで続くのか。

今ビットコインを買う日本人は少ないと言われています。
たしかに価値は上がりきったのではとも言われていますし、
損したくないですもんね。

これから説明致しますが、
やはり仮想通貨=ビットコインというようにあくまで中心です。
通貨で言うところの米ドルとも言えるでしょう。

そう考えると、ビットコインは中心だという認識は外せません。

2021年末には1000万円超えるのではとも言われています。
それともまた数年前見たく100万程度まで落ちるのか。

2018年のバブルと言われた頃に比べると、
その時よりもすごい勢いで価値が増えています。
みなさんもぜひとも仮想通貨始めてみませんか?

おすすめの仮想通貨取引所ランキング

主に私が利用しているおすすめの仮想通貨取引所は2箇所です。

1件目はBAINANCE・2件目はビットフライヤーの普段使いです。

私の使い方はビットフライヤーで日本の銀行から送金し、
基本的な仮想通貨の売買はBINANCEを利用しています。

※簡単な説明になりますので、詳細は各「詳細ページ」ボタンから見てくださいね☆
2021年2月20日準備中。

ランキング1位 BINANCE(バイナンス)
バイナンスは世界最大規模の仮想通貨取引所で330を超えるコインを取り扱っています。ここの取引所で買えないコインはないといっても過言ではありません。エアドロップやローンチパッドも種類が多くあり、ぜひとも抑えておきたい取引所です。ボタンから登録すると永続的に手数料が10%キックバックされます☆
総評価
コイン種類 330銘柄以上
セキュリティ
取引高 1,000億ドル以上/月の取引

詳細ページ登録はこちら

ランキング2位 ビットフライヤー
普段よく耳にする仮想通貨はこちらで取引が可能です。日本の仮想通貨取引所ということもあり、
銀行からの送金には私はビットフライヤーを利用しています。日本国内の取引所で最大手の取引所です。
総評価
コイン種類 12種類
セキュリティ
取引高 1200億円/月の取引

詳細ページ公式ページ

ランキング3位 コインチェック
コインチェックといえばハッキングされたことで一番悪いNEWSが目立ってしましましたが、証券会社の傘下になり体制もしっかりとしてきました。
ビットフライヤーより1銘柄多く取り扱っており、最近ではCMも配信され始めました。
総評価
コイン種類数 13銘柄
セキュリティ
取引高 1000億円/毎月

詳細ページ公式ページ

おすすめは「バイナンス・ビットフライヤー」の二刀流です。
参考になれば嬉しいです☆

ビットコインの2021年の展望は?

ビットコインの価値が上がる理由

仮想通貨の価値が上がる理由はどんなところにあるのでしょうか。
日本円は日本国が保証してくれますが、仮想通貨はそうはなりません。

ではどういう流れでビットコインの価値は上昇するのでしょうか。

①知名度が上がる(買うユーザー数が増える)

当たり前ですが、取引数が増えると必然的にオークション形式では価格は上がります。
まったく買ってない人が買うだけで市場は広がっていくんですね。
なにより日本でもそうですが仮想通貨=ビットコインというような
認識があるため、一番投資の対象になりやすいと言われています。

また、世界的な著名人がビットコイン買ったよ。
大きな企業が資産として仮想通貨を購入する場合も大幅に価値が上がることも多いです。

②取引所の数が増える

こちらも①と似ているのですが、仮想通貨は個人間のやり取りと、仮想通貨所で購入する2パターンが基本です。その中で、取引所に上場すると単純に取引所のユーザーにリーチされますので価格が高騰しますね。

基本的にどの仮想通貨取引所にビットコインは上場しておりますので、
どの通貨よりもユーザーが多いと言えます。

③利便性が高くなる

こちらは例えばぺいぺいみたいにコンビニや飲食店等で取引ができるところが増えると
ユーザーメリットが増えますので、そうなると価値が上がります。

将来的には税金やすべての支払が仮想通貨でできると良いですね。

④世界情勢や通貨との連動性

戦争や経済不安などがおこると金の価値が上がります。
これと同じような動きが仮想通貨でもおこっています。

日本円や米ドルの価値が0円になることは99%ありえませんが、
それでも世界を見ると通貨価値が急落することもあります。

そうすると国民は自国通貨より仮想通貨のほうが安心できると言う判断で仮想通貨が多く買われる結果、価値が上がってきます。

⑤お金の総数が増えると資産が上がる

①とも少し似ているのですが、アメリカでコロナ対策でアメリカ国民に対して8万円ほど支給された際に仮想通貨の価値が上がりました。
これは余っているお金を投資に回す精神で、国民のお金が増え投資対象として
仮想通貨市場へのお金の流入が増えたことで起こったと言われています。

日本ももう一度給付金ほしいなと思ってしまいます。

最後に

誰にでも学べるよう、簡単な言葉でばぜ仮想通貨の価値が上がるのかをまとめました。
基本的にオークション形式なので、取引数が増えれば伸びるという感じですね。
また、売りにでるようり買いにでている人が多いことも理由ではないでしょうか。