仮想通貨投資

【初心者向け】仮想通貨とは?わかりやすく解説します!

こんにちは♪ 仮想通貨投資家の優子です((o´v`o)ノ
 
今日は仮想通貨に興味を持った人。仮想通貨投資をはじめたけれど、まだ仮想通貨についてよくわからない人向けへ。「仮想通貨とは一体何なの??(p`・ω・´q)??」をできるだけわかりやすく解説したいと思います。

 

仮想通貨とは?

Googleで「仮想通貨とは」を検索してみましょう。

仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、デジタル通貨の一種で、開発者によって発行され、通常は管理され、特定の仮想コミュニティのメンバー間で使用され、受け入れられているものを指す。 Wikipedia「仮想通貨」

さーっぱりわからないですねw
 
デジタル通貨とは?仮想コミュニティ・・・?仮想通貨投資をはじめて1年以上が経つ私が読んでも「?」が付きます.˚‧º·(ฅωฅ*)‧º·˚. もっとわかりやすく説明します!一言でいうと仮想通貨とは「ブロックチェーンというデータ履歴が改ざんできなくて安全に使えるシステムの上で使えるさまざまなソリューション」だと思ってください。「通貨」という言葉がついていますが、実際に送金用コンセプトに開発されている仮想通貨より、その他の目的で作られている仮想通貨の方が多いです。また「暗号通貨」と呼ぶ人もいます。英語では「Cryptocurrency(暗号通貨)」と表現するため、直訳すれば「暗号通貨」なのですが、日本では「仮想通貨」と総称する人の方が大多数ですので現状はあまり気にしなくてもよさそうです(p`・ω・´q)

 

ブロックチェーンとは?

仮想通貨を理解する上で絶対にはずせないキーワード「ブロックチェーン」。一体どんな技術なんでしょうか?
 
ブロックチェーン技術が注目されたのは2009年にサトシ・ナカモトという謎の研究者が発表した世界初の仮想通貨「ビットコイン」にブロックチェーン技術が使われていたことがはじまりです。電子マネーなどと対比するとわかりやすいので、既存の決済で使われているプロダクトを例に出して説明しますね!((o´v`o)ノ 通常、Suicaやnanacoなどの電子マネーやクレジットカードの決済などではお金のデータを管理する会社が存在しており、彼らがデータを徹底的に安全な方法を使って処理しているので利用者は安心して決済に電子マネーやクレジットカードを使えるわけです。しかし不正がないわけではありません。クレジットカードがスキャニングされたり、番号が盗まれたりしたら不正利用されてしまう可能性があります。その場合はVISAやMASTER、JCBなどのクレジットカード会社がその不正利用のお金を補填したりしているわけです。
 
それに対してブロックチェーン技術を使った送金技術「ビットコイン」には中央集権組織が必要ありません。そして不正が働けない仕組みになっているのです。にわかには信じられないですよね。既存の仕組みでこのような発想で動いているものはありませんから世界中を驚かせたのでした。まあ、2017年に最高値をつけるまではビットコインも「怪しいもの」という認識で10年くらいは見られていたんですけどね\(^o^)/笑 ビットコインがブロックチェーンによって中央集権組織を持たず、不正や改ざんができない仕組みを提供できるのはPoWという仕組みを使っているからです。
 

PoWとは?

また専門用語かよ・・・.˚‧º·(ฅωฅ*)‧º·˚. となっている読者の人。すみません・・・。もうちょっとの辛抱でござんす。

PoWとは、Proof of Worksの頭文字をとった言葉です。「証明処理」とでも言いましょうか。データが正しいものと証明してくれる仕組みがあるのですが、これがすごく画期的なんです。さきほども話したんですが、ビットコインには中央管理をする組織はありません。データの真偽を判断するのは誰か?なんと、世界中のビットコインを支持する人たちなんです!彼らのことをマイナーと呼びます。世界中にマイナーは何万人、何十万人もいます!「なんで、そんなボランティアがいるの?」と思うかもしれません。彼らはボランティアではなく、報酬をもらってデータ証明の仕事をしています。それが「マイニング」というやつです。みなさんもこの言葉聞いたことがあるかもしれません。「ビットコインをマイニングするとお金が儲かる」みたいな文脈で使われることが多いですね笑
 
先に述べたとおり、ビットコインなどのプロダクトは暗号通貨と呼ばれるくらいですから、送金データは暗号になっているのですが、相手に送金データが届くまでにPoWで正しい送金データかを証明しなければなりません。暗号を解読していくと正しいかどうかがわかるのですがその計算は1人で解けるものではない(あるいはすごく時間がかかる)物なので、世界中のコンピューターの処理能力を使って暗号解読して、そのデータが本物かどうかを判断するのです。これがPoWのミソです!複数人で暗号を正しいと証明するので不正を働くことができないのです。この仕組みはいろいろなデータ管理に応用できるので、このブロックチェーン技術を活用して仮想通貨はさまざまな問題解決をするプロダクトが生み出されました。例えば、銃の管理を行うTRIGERという仮想通貨ができたり、契約管理をブロックチェーンで行う昨日を持つイーサリアムという仮想通貨ができたりしました。
 

なぜ、仮想通貨投資は儲かるのか?

仮想通貨がすごいのはわかった(p`・ω・´q) じゃあ、なんで仮想通貨投資は儲かるの?と思いましたか?((o´v`o)ノ 仮想通貨はシステム開発みたいなものなので、開発したり世界中に使ってもらう人を増やすためにICO(イニシャルコインオファリング)というやり方で資金調達をする文化ができました。ICOとは会社が株式公開して資金調達するIPOをもじった新しい言葉です。 このICOによって儲かるのです。仮想通貨の発行はまず初期のICOではじまります。仮想通貨はホワイトペーパーと呼ばれるもので発行枚数を限定しています。ビットコインでいえば2100万枚が発行上限数です。そして、初期のICOでそれを売りに出します。最初は1枚10円などの価格がついて売られるのですが、その仮想通貨のプロダクト価値が高ければ、そこから値上がりしていきます。しかも国が限定されたIPOと違い、ICOは世界中の人達からインターネットを通じてお金を集めることができます。そのため、「仮想通貨は価値のインターネット」を作ったとも言われています。世界中で共通の価値として使える史上初めての発明だったからです。
 
こうして、現在はどの仮想通貨に投資すれば利益を出せるのかを考えて世界中の投資家が注目する仮想通貨市場が完成したのです。2018年現在では数十兆規模と言われる仮想通貨市場ですが、その大きさはゴールドの市場規模などと比べると非常に小さいです。これから市場規模が拡大していくことは間違いないでしょうね。